ブログトップ

オーガニックな感覚

organics.exblog.jp

素直な自分に自然な気持ちに スローな感覚 ほがらか笑顔

タグ:日記 ( 380 ) タグの人気記事

 灘のケンカ祭り(2006.10.15に撮影)

 車で近くまで行き、それからケンカ祭りのフィナーレが行われる会場まで歩くことにした。もう、薄暗くなりかけていた。「少し寒いねっ」と言って方を寄せながら歩く。「どういくの?」「あの人たちの後を行けば行けるよ」という。たわいもない会話である。

 村の中に入っていくと人並みが増える。家々の玄関付近にはちょうちんが吊るされ、屋台も出ていた。行くにつれ、どこからともなく、辻辻から人が噴出してくる。ふんどし一つで歩く人たちが多い。子供、若者、中年、老人色々の顔が照明に浮き出る。

 一人で来ている人は少ないようだ。会場に向かって歩いていくとかなりの返っていく人たちと遭遇する。朝からズ~ッと見に来ているんだろうか?祭りはこれからはハイライトなのに?

 会場に着く。会場は丁度野球場のフィールドのようだ!山を取り巻き桟敷が出来ていてすり鉢のそこに練り場がある。

 練り場には大勢の人たち、祭りの関係者、見に来た人でごった返す。警官も十数人はいるであろうか?一生懸命整理している。大変なお仕事だ。

 桟敷は有料で地元の人、地域の有力者などいいところを占めという?...村の住人と見学の人でいっぱいである。

 よく見えるようにと少し高いところまで行き見つめる形になった。

 しばらくすると歓声とどよめきが上がった。いよいよケンカ祭りのフィナーレである。御輿の練りやぶつけあいが始まるのである。階段の壁に引っ付いて見ることになった。

 いよいよ始まりだ。大きな陣笠を先頭に御輿が降りてきた。周りを人が取り巻く、見学者もいて非常に危険だ。

 いよいよ練りが始まる。激しく動き回転する。見越しが崩れる。土が舞い上がる。照明と一体になってその激しさが伝わる。シャッターを押す。シャッターは山のいたるところでフラッシュされ、光の渦となってとめどなく、どこかで光っている状況だ。
 
d0051106_2123463.jpg


 
d0051106_21235879.jpg


 夜なのでうまく取れていない。捕りたいが勝って、練り場付近に行く。「練り場から出なさい」と警官が言う。中々動きはない。現実、練る勢いでドーッとぶつかってくる時もある。壮絶な状況である。

 目の前の御輿、でっかいが動きも早かった。撮らないわけにはいかない。満月の時もあり、ピンボケは覚悟で何枚もとっる。撮ればなかにいいものあり...と思った。
 
d0051106_2124929.jpg


 激しく揉み練り上げる御輿 ヨーイヤサー ヨーイヤサー担ぎ手の声が大きく唸る。
 
d0051106_21243240.jpg


 天たかく突き上げる
 
d0051106_21244428.jpg


 同じことを幾度となく続ける...練る
 
d0051106_21245512.jpg


 突き上げる...練がまわりの人々を押し出す...危険が背中あわせである。
 
d0051106_21251540.jpg


 いよいよ1基目の退場である。出口に向かって旗が動く。すざましい勢いである。つられて人が追いやられる。目の前である...危険は感じたが動くことが出来なかった。人手身動きが取れないのだ。
 
d0051106_21252863.jpg


 次の御輿は金色に輝く。練り、ぶつけあい、激しい動き...
 
d0051106_21255416.jpg


 御輿が 落ちる。落ちたみこしの上で男が荒れ狂う...兎に角激しいのだ。
 
d0051106_2127361.jpg


 これが何台か続いた後、宮入りしたみこしが宮を出て、坂道を降りてくるという。電飾されていて暗闇にきれいに浮かぶ。続いて降りてくる。

 今回は二基の御輿を見て帰ることにした。はじめてみた興奮にかなり疲れたようである。

 帰る途中、役目を終えられたひとびとや御輿が休息したりしていて、祭りの雰囲気が手に撮るように判る。もう、余裕が出来たからである。

 パートⅡはその情景などを伝えたいと思います。

激しい男の練りあい、ぶつけ合いなど興奮する情景から、終わって少しゆったりとした感じ、疲れが噴出していることであろう...「ご苦労様でした」と心の中でつぶやく。

                                     そんな情景のパートⅡへ続く...

追記: 祭りの俳句は後日アップしたいと思います。

ご注意:祭りは14・15日にあり、この場面はフィナーレであるがほんの一部である。
 
[PR]
by naochans_organic | 2006-10-16 23:10 | CITY(姫路・倉敷)
 2006.10.10 まばゆい朝

 透明な空気、くっきりと見える山・花・空

 何故かすずめの姿が目に止まる。さえずり、たのしそう

 足元を見ると雑草に夜露が降りてきらっとちっちゃな輝きを見せる

 なんじゃ一句: さえずりが聞こえてくるよ朝の露


 車で行く道筋も国道に出ると車の音ばかりだったが今日は違った。

 耳の中に小鳥のさえずりが聞こえてくる

 日中はかなり蒸し暑かった。風が流れるとさわやかではあったが... 

                                             そんな一日であった。
 
[PR]
by naochans_organic | 2006-10-11 08:03 | 日記
 2006.10.09 でっかいお月様の写真

 良い朝、良い天気、慌てて水やりをして...仕事場へ。

 途中のため池がきらきらと輝いていた。
 
 こんな朝があっていいのだろうか
  澄み切った空気
   空の雲

    きらきら水面
     刈った田のみどり
      雑草たちの喜びの声
     
       耕す土の潤い

         ちっちゃくて雄大な自然がそこにある

 なんじゃ一句: 空気すい草田水面秋の空  

           くうきすいくさたみなもあきのそら
 
d0051106_20513212.jpg

少し行ったところのため池では石の台の上でじっとたたずむ鷺。ここは浮き草でいっぱいのため池である。
d0051106_20514740.jpg


 
 いつもひとり
  
  何をもとめ
    なぜじっと
      いつも湖畔を眺めてる
  
     なみしいのかい
      仲間はいないの

       飛び立つこともできるのに
d0051106_20515850.jpg


 

 駐車場から仕事場へ向かう。ほっとする香りがしてきた。歩いていくとそこには金木犀の花が一斉に咲いていた。昨日、何を思うか見上げた木...ちっぽけな青いつぼみが少しあるかのようだったのに...大きく香りを吸い込んで...ゆっくりと向かう。

 昨日月の写真をくれたその彼が今日はCDを持ってきてくれた。うれしい!

 早速帰ってCDを開く...そこには仲秋の名月少し前の半月とまん丸の月があった。

 こんなに大きく鮮明に写るのか

 紹介します...すぐ後で
 
[PR]
by naochans_organic | 2006-10-10 07:55 | 日記
 2006.10.08 写真が駄目だ

 一昨日、昨日と懸命に仲秋の名月を撮った。いろんなところでいろんな時間に、特に昨日の月はまんまる満月で暖かい色をしていた。丁度、山際から登っていくところで、雲との感じもよかった。だが...取り込んで、愕然とした!

 まん丸はなく、あっても真っ暗けの中にまる点ひとつなのだ!ああ~ひょうたんや火の玉のような名月だった...

 落胆・・・喪失・・・憂い

 朝から秋晴れ、子供達の歓声が上がる。よ~いやさ~!よ~いやさ~!秋祭りである。
女の子はやさしいさわやかな声、男の子は太くたくましい声、いいものだ...

 仕事場で以前写真の話をした愛好家にあう。
  2枚写真を見せてくれる。ええ~月が、あの月が鮮明な輝きを放っているではないか...
   くれると言う。いいの?ええ...ありがとう!
    ついでに言ってしまった。この元のファイル、気に入ったやつくれる?
     ふん?...いいよ、CDかなにかで今度持ってきてあげる...うれしい!

 感謝だ!ブログにのせるよ!.........

 そうだ!素適な写真を提供してくれる人がいれば、その情景などを詠んだらいいんだと...

  水前寺清子の「一日一歩.........」のマーちのように...

 とてもいい一日になった。


 
[PR]
by naochans_organic | 2006-10-09 07:38 | 日記
 いよいよ、グランドフィナーレである。

 出演者全員の登場、一人一人を紹介する。どの人も嬉しさに満ち溢れた笑顔である。みんなで会場の観客に感謝の挨拶をする。そして全員が動き出す。手を振る。一人ずつ退場だ。有名な選手が残り、ファンへの挨拶。一つ一つが感動だ。
 
d0051106_2023879.jpg

フィナーレは全員の集会からはじまる。手を振る。歓声が沸き起こる。
 
d0051106_20232530.jpg

有名選手を先頭に出演者全員が打ち揃う。煌びやかだ。一人一人紹介がはじまり一人ずつ、観客に挨拶をしてリンクサイトすべり、手を振り、笑顔の退場だ。
 
d0051106_20234098.jpg

最後に荒川が本田が...有名選手か挨拶をしてゆっくりとリンクサイトを満面の笑顔で手を振って中央の出演口に会す。
 
d0051106_20241053.jpg


 
 リンクサイドの観客へ
 
 一人一人、花束を受け取り、握手し、語らい、ゆっくり時間をかけて観客と交わる。素適な光景だ。会場は少し暗くし、演技者にスポットを当てている。それがまた、神秘的でよい。

 八木沼純子さんが近くに来て女の子と握手して語りかけている。やさしそうで親しみを感じる。
 
d0051106_20251092.jpg


 ファンとの触れ合いだ。送る花束、一人一人と何か会話している。特に荒川静香が印象的であった。こちらからは反対のサイドではじまったのだが一人一人と会話したり握手したりで中々動かない。ちょっぴり残念だったが、そんなことより、そのスポットライトに浮き上がる姿がとても美しく感動している。

 遠くではあるがスポットライトに照らされた後姿、一人一人と握手をし、花束を受け取り、たくさんたくさん会話しているようだ。手には溢れんばかりの花束でいっぱいだ。
 
d0051106_20252764.jpg

少し、雰囲気をつかむために大きくした。
 
d0051106_20254178.jpg



 この感動を表したのが思い切って出した次のメールだ。

 メールタイトル 琵琶湖のあるアイスアリーナで素適な静香さんを見ました。 

 メール内容
 2006.09.24 姫路から滋賀県立アイスアリーナに行きました。
 
 とても笑顔が素適で喜びに満ち溢れていました。五輪も感動しましたが今日の姿はもっと素適でした。
 
 滑る喜びが身体に満ち溢れていました。ショーが終わり花束を受け取る姿が氷霧の中に浮かび上がりファンとの語らいが楽しく時間も忘れて一人ずつに感謝している。別世界の人から親しみのある庶民の人に見え、別の感動もありました。

 俳句をやり始めて時期も短く失礼ですが贈ります。

なんじゃ作: 五輪より満ちる笑顔でカキアイス

 世界最高の美しいすべりに喜びの笑顔が満ちあふれとても素適でした。そして、誰にでも時間を惜しむことなく語り感謝されている姿に親近感があり、好物のアイスと嫌いかもしれないけれど秋の季語の「カキ」を入れて見ました。

 追記:素適な静香さん、アイスの大好きな静香さん、ショーの笑顔で、もし、柿が好きなら、柿のアイスを食べてください。柿のアイスってありますかね?きっとどこかにありますよね?

 
 感動の余韻を残し、会場をでる。もう、夕暮れだ。茜雲とは行かなかったが、暮れいくまぶしい太陽と雲のコントラストが何とも言えず、再度、ショーの感動を呼び起こすのだった。
 
d0051106_20263325.jpg



 これで素適な荒川静香さんのアイスショーを終わります...


 明日から、いつものような身近な自然などをテーマに写真と俳句で綴るブログに復帰です。
 日記や詩なども入れていこうと思っています。よろしく! 



2006.09.26 秋晴れ

 池からあがった水鳥が一生懸命、虫か何かをついばんでいる。稲を刈った後の田、実がが落ちているのかも知れない。一日中蒸し暑い。朝夕の寒さとは対照的だ。
[PR]
by naochans_organic | 2006-09-26 21:06 | 日記
 2006.09.24 プリンスアイスワールド2006 Prince Ice World 2006

 会場に着くと大勢の人たちが開演を待っている。期待が膨らみ楽しく待っている。子供づれも多い。老若男女、様々な人の顔が開場を待っている。
 滋賀県立アイスアリーナ
d0051106_6124821.jpg


 やがて動き出し、会場内へ流れ込んでいく。中に入り、2階の席を探す。暗い通路、大勢の流れに乗って進むとアイスリンクが出現した。微かな霧の中にリンクがある。氷で出来た霧、勝手に氷霧(ひょうむ)と名づけた。まだ、開演前なので氷を整える為、大きな水撒き車と細やかにバケツをもった人が丁寧に穴をふさいでいるようだ。
d0051106_6144727.jpg


 開演30分前だがもう7割がたの席に観客が座っている。子供ずれ、カップル、いろんな方々が入るようだ。丁度、前に居た女の子が可愛かった。頭しか撮れなかった。
d0051106_6193691.jpg


 場内ではアナウンスが流れ、どうも開演中は特にあぶないこととショーに影響が出るので
写真撮影禁止のようである。その通りであると思いながらもちょっぴり残念にも思った。時間が大分あるので場内の売り場に行く。
 そこも人だかりで荒川静香記念ワイン、ポスター、携帯ストラップ、花束などが売られていた。特に花束は直接、荒川静香さんなど出演者に手渡すことが出来るというので好評だ。
 お菓子、おにきり、弁当も売っていた。コーヒーとスープを売っているところでコーヒーを買った。温かい。プルンスホテルからの提供である。
 手に暖かさを感じながら、席にも戻る。少しづつ、飲みながら開演を待つ。氷上からの氷霧は会場全体を包んでいる。会場10分前、高いところにカメラ3台あり、そこに人がつく。その他、リンクに近いところにも数台あるようだ。
d0051106_6372691.jpg


 いよいよ開演である。写真撮影&ビデオ撮影禁止なので視覚的には伝えることが出来ないが、感動のスタートだ。
 大きな音響、光の交錯、その中を出演者達が登場する。きらびやかな衣装をまとっているのでショーのしたー達がこの中の誰かは一生懸命見るが解らない。音と光の中、数十名のスピードある華やかさに初めから感動している。
 ショーは大画面に映し出される八木沼純子の司会でどんどん進行していく。昭和から現代へと移り変わる社会をコミカルに美しく描く。その中に本田武志が、田村岳斗が、どんどん出て素適な感動を与える。すべての出演者が素適な笑顔だ。本当に滑っているのがうれしいという感じが伝わってくる。これがショーの原点かもしれない。
 ペアの演技では女性を片手で持ち上げたり、くるくる回したり、投げたりするが、見ているとテレビなどではよくわからなかったが、抱き上げるとか、それぞれの動作がとても丁寧でやさしくふんわりとしていて女性をいたわっているのが印象的であった。
 あっという間に前半の50分が終わる。20分の休憩タイムに入る。感動のあまり、寒さをそれ程感じなかった。コーヒーがほしくなり、席を立つ。
 売り場は人だかりだ。コーヒーを買って席につく。席を回って、花束を売る、貸しなどを売る。休憩タイムの風景である。氷上は氷の整備が行われている。

 後半の始まりである。後半はデパートを題材に各階売り場をスケートで表現する。どの階も素適だったが特におもちゃ売り場は面白かった。
 八木沼純子も出演した。素適なすべりを披露する。綺麗な人だ。スポットライトに映える。
 
 スターはやはり荒川静香、静香登場となると歓声が数段高まる。他の出演者もすごい回転技を繰り出すがこけたりもする。その時はその速さ高さに感動しそのすがすがしさに感動して拍手した。でも、荒川静香は別世界だ。回転技など華麗に決め、あのイナバウワーも魅了する。感動だらけで拍手の手が止まない。

 それにも増してよかったのは笑顔だ。スケートをするうれしさが身体全体に溢れ、笑顔に出る。この自然の笑顔が素適。

 いよいよ、グランドフィナーレである。

 出演者全員の登場、一人一人を紹介する。どの人も嬉しさに満ち溢れた笑顔である。みんなで会場の観客に感謝の挨拶をする。そして全員が動き出す。手を降る。一人ずつ退場だ。有名な選手が残り、ファンへの挨拶。一つ一つが感動だ。

 リンクサイドの観客の下へ
 ファンとの触れ合いだ。送る花束、一人一人と何か会話している。特に荒川静香が印象的であった。こちらからは反対のサイドではじまったのだが一人一人と会話したり握手したりで中々動かない。ちょっぴり残念だったが、そんなことより、そのスポットライトに浮き上がる姿がとても美しく感動している。

 まだまだ、続く...



 2006.09.25 一日中、蒸し暑かった。
[PR]
by naochans_organic | 2006-09-26 07:33 | 日記
 2006.09.24 雲多き秋空のもと日本で唯一のアイスショー“プリンスアイスワールド”へ。

 アイスショーは琵琶湖のある滋賀県立アイスアリーナで行われる。15:00開演なので10時前に家を出る。ちょっと早いのだが、朝の自然に触れたかったので歩いて駅まで行った。

 途中、いつも車で通る池の姿、歩く目で見るといっそう生き生きと見える。朝の潤いに白鷺が二羽水辺に立ち、数十羽の水鳥が水面を楽しく遊び回る。躍動感溢れる光景だ。

 気持ちがはやり近づいてしまった。すると刈り取られた稲の乾いた田から数羽の白鷺が飛び立つ。サトイモの葉陰にいたのか?びっくりして舞い上がった。悪かったがとても綺麗な飛行を見せてもらった。水鳥も一斉に這うようにして水面に一目散に飛び立った。

 しばらく行くと車では見ることの出来なかった赤い小さくて可憐な花に出会う。葉のみどりに浮いてとても綺麗だ。

 次に栗の木にも出会う。いっぱいいっぱい実っていた。自然との触れ合いはいいものだ。見る目線とゆったりとした時間が生み出してくる。

 約1時間かけて駅に着く。駅前でお茶を買ってホームに出る。列車が来るまで10分くらいあった。新快速が通り過ぎるのを見、すぐ上を通る新幹線の車体の迫力、風を切る音を感じる。空には色々な雲が出来ていた。薄ごろものような雲が風に流れ繊細な形を作り出していたのが印象的であった。

 その中に、音楽を奏でる楽譜のような雲が流れていた。そのように思うのは私だけかも知れないけれど...

 列車の中では座れたこともあり、俳句の入門書を読み、外の風景、車内の様子をみては俳句を手当たり次第詠む。帰りも同じようにしたので20以上の句が出来た。

 アイスショー“プリンスアイスワールド”
 会場に着くと大勢の人たちが開演を待っている。期待が膨らみ楽しく待っている。子供づれも多い。老若男女、様々な人の顔が開場を待っている。

 やがて動き出し、会場内へ流れ込んでいく。中に入り、2階の席を探す。暗い通路、大勢の流れに乗って進むとアイスリンクが出現した。微かな霧の中にリンクがある。氷で出来た霧、勝手に氷霧(ひょうむ)と名づけた。まだ、開演前なので大きな水撒き車と細やかにバケツをもった人が丁寧に穴をふさいでいるようだ。

 まだまだ、続く...

 後日伝えることにして...そろそろ眠ろうとしている。眠たさに負けそうなのである。

 でも今日のタイトルに恥じないように感動のあまり、荒川静香さんのホームページを見てメールした内容を伝えたいと思います。
 
 メールタイトル 琵琶湖のあるアイスアリーナで素適な静香さんを見ました。 

 メール内容
 2006.09.24 姫路から滋賀県立アイスアリーナに行きました。
 
 とても笑顔が素適で喜びに満ち溢れていました。五輪も感動しましたが今日の姿はもっと素適でした。
 
 滑る喜びが身体に満ち溢れていました。ショーが終わり花束を受け取る姿が氷霧の中に浮かび上がりファンとの語らいが楽しく時間も忘れて一人ずつに感謝している。別世界の人から親しみのある庶民の人に見え、別の感動もありました。

 俳句をやり始めて時期も短く失礼ですが贈ります。

なんじゃ作: 五輪より満ちる笑顔でカキアイス

 世界最高の美しいすべりに喜びの笑顔が満ちあふれとても素適でした。そして、誰にでも時間を惜しむことなく語り感謝されている姿に親近感があり、好物のアイスと嫌いかもしれないけれど秋の季語の「カキ」を入れて見ました。

 メールした後、よくメールしたものだと自分で驚いています。なお、メール中のなんじゃ作はブログの中だけですよ。念のため!

 おやすみなさい。いい夢を見そうです。
[PR]
by naochans_organic | 2006-09-25 01:10
 2006.09.20 外に出るととても清々しい空と空気に出会う。秋晴れだ。

 車で通る左手向こうに池が見える。水辺に白鷺や黒鷺、水鳥が数羽、池を見つめる形で羽を大きく広げたりたたずんだりしている。いつもは水鳥が水面で遊んでいる風景なのだが、すてきな光景だった。

 一日中、秋晴れだった。すこし、暑いがさわやかに感じる一日であった。

 今日は定年退職されるKさんの送別会、久しぶりに姫路の町に行った。送別会は9人、こじんまりとしたものではあったが、中華料理を食べながら、楽しく過ごせた。定年退職とはやはり感慨深いもので、短いお話の中にも入社当時のことから、今までもこと、思いが強く感じられた。人生の多くを過ごす仕事場、いろんなことはあるが、多くの思い出を刻む。そのときになるとどのように思うのだろう。今は少しイメージがある程度だ。

 最後に、陶芸を趣味にされている先輩が素敵な花瓶を記念に贈られたのが印象的だった。また、会を計画してくれた素敵な彼女からのプレゼントもあり、とてもよい送別会であった。

 これからも、Kさんとは俳句などでお会いすることになる。

 少し酔って体が火照っているが歩き、電車に乗り、帰路に着く。車は乗るわけに行かず、娘に電話して来てもらう。優しい娘だ。

 そんなことで一日が終わった。

 

 
[PR]
by naochans_organic | 2006-09-21 06:48
2006.09.04 久しぶりのよい天気。一日中、晴れであった。

 夜遅く、あまりにKenJr.(愛犬)が鳴くので、食事もつかの間外へ出た。散歩だ。外へ出て、見ると虫か何か居るみたいでガッツガッツと追いかけている。なんだ、こいつと思いながらも、散歩に出る。あたりは暗くところどころある電灯に少し明かりを得ている夜の田舎道である。

 谷川のせせらぎが耳に聞こえる。鈴虫のリーンリーンという泣き声が四方から聞こえる。少し、秋も変化して、違う虫の音も時々して、交響曲を聴いているようだ。これが夜の散歩を気持ちよくしているようだ。

 しばらく行くと娘が自転車で追っかけてきた。KenJr.が寄る。一緒の散歩になった。暗いねっと言う娘。そうだねという父。外灯が少なすぎるんだよ・・・そんな会話をしながら田舎道をあるく。
 しばしの夜の散歩であったが、ちょっぴり楽しく思える散歩になった。
[PR]
by naochans_organic | 2006-09-15 08:08 | 日記
 2006.09.06 曇りから小雨・小雨からドシャブリ・雷(稲妻がすごかった)・・・小雨・・・という一日であった。
[PR]
by naochans_organic | 2006-09-07 07:10 | 日記