ブログトップ

オーガニックな感覚

organics.exblog.jp

素直な自分に自然な気持ちに スローな感覚 ほがらか笑顔

タグ:冠句 ( 288 ) タグの人気記事

文芸塔7月号「冠吟塔映集」に載りました。

今年二回目の掲載です。感謝の気持ちで一杯です。

有難う御座います。

早速、句を紹介させていただきます。

七月塔映集 塔映集抄「午後の部屋」「甘い癖」

三村昌也選

午後の部屋 虚構の中に居て平和 直樹
”平和”という概念は人それぞれに少しずつ異なる。家族の中にあっても
同じである。ある意味”平和”そのものが虚構である。

午後の部屋は虚構が作る平和。
[PR]
by naochans_organic | 2013-08-26 18:56 | 冠句
冠句研究芳流 No.447 で「天」を頂く

芳流7月号で「天」を頂き感謝致します。

早速、紹介させて頂きます。


「日傘舞う」 川口未知選

天の句 日傘舞う 角を曲がれば美術館 直樹

評 若かりし昔あこがれの明地美術館へ行ったこと。千光寺の宿からの景、鮮やかに甦りました。
  有難うございました。
[PR]
by naochans_organic | 2013-08-25 20:10 | 冠句
冠句研究芳流 No.446 で「天」を頂く

芳流5月号で「天」を頂き感謝致します。

早速、紹介させて頂きます。


「好きな道」 篠原和子選

天の句 好きな道 追えど叶わぬ師の背中 直樹

「好きな道」 松浦外郎選

天の句 好きな道 追えど叶わぬ師の背中 直樹

評 それでもいつかは追い越す師の背中。それが恩返し。
[PR]
by naochans_organic | 2013-08-24 22:16 | 冠句
冠句神戸港 7月句会(No.354号掲載)で「天」を頂く


先月の事ですが紹介させて頂きます。

宿題 「島を訪う」  山崎武彦選

天の句 島を訪う 一村すべてお出迎え 直樹
[PR]
by naochans_organic | 2013-08-24 10:47 | 冠句
随分ご無沙汰致しました。

時間はないものの、又少しずつ紹介させて頂きます。

7/25に安富冠句会の七月例会がありました。

「天」が一つありましたので紹介させていただきます。

佐藤泰三選

 一芝居 やがて咲かそう夢の種 直樹
追吟
 夢の種 独自で創る華舞台 判者
[PR]
by naochans_organic | 2013-08-19 23:06 | 冠句
第61回湖東短詩研究会冠句輯

本日、6/30(日)第61回湖東短詩研究会冠句輯が竜王町公民館にて多数の参加を得て
開催されました。

有難いもので2句にて「天」を頂きました紹介したいと思います。

短の部  大光庵翡翠宗匠選   823章中(総句数3307章)

標目 天倫を通じ自然の力有難う

天の句  田を返す 土に陽を入れ風を入れ 直樹

追章 田を返す 疲れた五体辛抱して 判者


詩の部  雅舟庵遊児宗匠選   822章中

標目 自適の余生恙なく生く

天の句  のんびりと こころを秋の絵に溶かす 直樹  

追章 のんびりと 山羊の食欲果てしなく
[PR]
by naochans_organic | 2013-06-30 19:29 | 冠句
やまざと N.629にて「天」を頂く

やまざと誌の芳冠録などで「天」を頂きました。有難いものです。
早速、紹介させて頂きます。

芳冠録「木霊聞く」 橋本信水選

天の句  木霊聞く 昭和のあの日蝉時雨 直樹 

昭和のあの日とは、夏の太陽焼けつく原爆日か終戦日かそれとも身内か知人の亡き人であったか、
いずれにしてもあの日の悲劇を回想しての木霊であり、改めて不戦を誓いたい。作品は申し分のない
秀吟である。

錦里抄「ながながと」  大谷佳津子選

天の句  ながながと 未来を託す孫の顔 直樹

互選「無警戒」

天の句  無警戒 人を信じて人に泣く 直樹
[PR]
by naochans_organic | 2013-06-30 19:00 | 冠句
広報ひめじ6月号に安冨冠句会の紹介記事が掲載されました。

これを機会に少しでも冠句人口が増えることを期待しながら紹介致します。
d0051106_9243836.jpg

 友来たれ 集う冠句の面白さ
[PR]
by naochans_organic | 2013-06-09 09:28 | 冠句
冠句を初めて7年目です。

今年初め、天の巻 100冊  天の数 200 を目標に投句をしてまいりました。

年初は 天の巻 88冊 天の数 158 でした。

現在 天の巻 99冊 天の数 178 となっています。

あと、一巻で節目の100冊になります。

素直にその日を迎えたいと思います。

 凡に生き 凡に暮らして良き日かな

100冊目の詩です。

どんな詩で100冊目の巻が頂けるのか期待が膨らみます。

これは自慢ではなく、冠句をしている喜びだと思います。

100冊目をご期待下さい。そして、年末には天200がくれば良いと思いますがこれは?かも知れませんね。

☆ 冠句は国風冠句と正風冠句をしています。天の巻は国風冠句特有のものです。 
[PR]
by naochans_organic | 2013-06-08 21:26 | 冠句
清風(城陽冠句連盟 二十日会)平成25年5月号(第269号)にて「天」を頂く。

清風で3連続で「天」を頂きました。感謝です。

早速、紹介させていただきます。


岡本旗鼓 宗匠 選

 カタカナ語 詩に異国の文化溶く 直樹

追章 カタカネ語 この星詩の玉手箱
[PR]
by naochans_organic | 2013-06-08 21:12 | 冠句