ブログトップ

オーガニックな感覚

organics.exblog.jp

素直な自分に自然な気持ちに スローな感覚 ほがらか笑顔

タグ:やまざと ( 20 ) タグの人気記事

やまざと N.635にて「天」を頂く

久々やまざと誌で「天」を頂きました。有難いものです。
早速、紹介させて頂きます。

錦里抄「内緒ごと」 吉村栄選

天の句  内緒ごと 日に晒したし過去の傷 直樹
[PR]
by naochans_organic | 2013-12-31 21:40 | 冠句
やまざと N.632にて「天」を頂く

やまざと誌のうら盆特集で「天」を頂きました。有難いものです。
早速、紹介させて頂きます。

うら盆特集「夏楽し」 小宮山初子選

天の句  夏楽し 海に山にと青春の詩 直樹
 
[PR]
by naochans_organic | 2013-10-06 09:11 | 冠句
やまざと N.629にて「天」を頂く

やまざと誌の芳冠録などで「天」を頂きました。有難いものです。
早速、紹介させて頂きます。

芳冠録「木霊聞く」 橋本信水選

天の句  木霊聞く 昭和のあの日蝉時雨 直樹 

昭和のあの日とは、夏の太陽焼けつく原爆日か終戦日かそれとも身内か知人の亡き人であったか、
いずれにしてもあの日の悲劇を回想しての木霊であり、改めて不戦を誓いたい。作品は申し分のない
秀吟である。

錦里抄「ながながと」  大谷佳津子選

天の句  ながながと 未来を託す孫の顔 直樹

互選「無警戒」

天の句  無警戒 人を信じて人に泣く 直樹
[PR]
by naochans_organic | 2013-06-30 19:00 | 冠句
やまざと N.628にて「天」を頂く

やまざと誌の山麗抄で「天」を頂きました。有難いものです。
早速、紹介させて頂きます。

山映抄「ふと恐れ」  深水虚堂選

天の句  ふと恐れ 波一つ無き湖に居て 直樹
[PR]
by naochans_organic | 2013-06-07 23:52 | 冠句
やまざと N.625にて「天」を頂く

やまざと誌の初春競選で「天」を頂きました。有難いものです。
早速、紹介させて頂きます。

初春競選「起き上がる」  吉村栄選

天の句  起き上がる 青き理想は炎となして 直樹


初春競選「おめでとう」  吉村栄選

天の句  おめでとう やっとあなたもひとの母 直樹

選後感

天位 待ち焦がれた懐妊でしょうか?やっとの言葉でよくわかります。

Tags:#
[PR]
by naochans_organic | 2013-03-11 20:49 | 冠句
やまざと N.624にて「天」を頂く

やまざと誌の錦里抄で「天」を頂きました。有難いものです。
早速、紹介させて頂きます。

錦里抄「どうしよう」  赤江橋くにゑ選

天の句  どうしよう 葬終えぽっかり空いた家 直樹

選後感

主を失った席が大きくのしかかって来る、痛々しい光景
[PR]
by naochans_organic | 2013-02-01 20:04 | 冠句
やまざと N.623にて「天」を頂く

やまざと誌の山映抄と錦里抄で「天」を頂きました。有難いものです。
早速、紹介させて頂きます。

山映抄「夫婦舟」  藤森佐津子選

天の句  夫婦舟 清濁呑んで円き老い 直樹

選後感

いろいろあった人生、振り返れば感無量、今はおだやかな日々、ほっこりとした理想の句です。


錦里抄「手につかず」  藤原さち選

天の句  手につかず 胸にぽっかり君の穴 直樹
[PR]
by naochans_organic | 2012-12-29 19:50 | 冠句
やまざと N.620にて「天」を頂く

やまざと誌のお盆特集で「天」を頂きました。有難いものです。
早速、紹介させて頂きます。

お盆特集「時重ね」  小宮山初子選

天の句  時重ね 詩嚢潤す季の余韻 直樹

選後感

一見致しまして、今までにない冠句を感じました。
品よく・美しく・季の移りが身に迫りました。
[PR]
by naochans_organic | 2012-10-02 23:38 | 冠句
やまざと N.619にて「天」

やまざと誌の互選で「天」を頂きました。有難いものです。
早速、紹介させて頂きます。

「胸痛む」  互選

天の句  胸痛む 本意を知らず閉じた窓 直樹
[PR]
by naochans_organic | 2012-08-25 14:29 | 冠句
やまざと N.617にて「天」を頂く

やまざと誌の山映抄で「天」を頂きました。有難いものです。
早速、紹介させて頂きます。

山映抄「乱れ文字」  守本好美選

天の句  乱れ文字 ただ一行の父の檄 直樹

選後感

一行の父のふれぶみが子等への愛情溢れて、その心が伝わってきます。
[PR]
by naochans_organic | 2012-06-26 20:38 | 冠句