ブログトップ

オーガニックな感覚

organics.exblog.jp

素直な自分に自然な気持ちに スローな感覚 ほがらか笑顔

<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

詩の雫   ポエムさんのブログです。

花に添え

ご無沙汰ばかりで申し訳ございません。

花に添え 在りし日のこと詩にとむ
色んな方の思い出を詩に残して身を省みること。辛いけど大切なことかも知れません。
[PR]
by naochans_organic | 2010-11-28 21:38 | 今日の句
やまざと N.598にて「天」を頂く

やまざと誌の芳冠録の「天」を貰った。有難いものです。
早速、紹介させて頂きます。

「風止みぬ」「淡い夢」  橋本信水選

天の句  風止みぬ 墓碑に悔いても消せぬ過去 直樹

 不幸を重ねたのだろうか。又は大きな過失があったのか、墓碑にまで赴き悔いるとは
 唯ごとの人生ではなさそう。冠題の「風止みぬ」がよく生かされた秀句である。

また、三映抄にても「天」を頂きました。

「虹生まれ」  藤森佐津子選

天の句  虹生まれ 光る青竹子を宿す 直樹

 
[PR]
by naochans_organic | 2010-11-27 22:10 | 冠句
安富冠句会平成22年11月例会にて「天」を頂く
昨日は安富冠句会11月例会でした。半分しか記入していないまま、途中のサービスエリアで大慌てで残りを記入(12月投句分)してからの参加でした。

今回は19句選ばれ、「天」が1句ありました。感謝です。

それでは紹介させていただきます。


春名豪人 雅伯 選

 里の秋 老いて独りの寒さ知る 直樹
追吟

 寒さ知る 春夏秋冬あればこそ
[PR]
by naochans_organic | 2010-11-26 21:03 | 冠句
今日は記念する日となった。大きな冠句の大会でなんと天が3句、巻が3冊送られてきたのである。
1冊でも感激で涙が出そうになるのだが、3冊ともなると表現のしようがない。このところ句作に悩む毎日なのでとても嬉しい。まだまだ、悩んでいくこといはなるがそれも又楽しいのかもしれない。

早速、紹介いたします。

平成二十二年第五十四回 近江八幡定例冠句輯

松香庵双樹宗匠選
天位 プロの味 技に妥協の文字は無し 直樹
標目 客唸らせて納得させて
追吟 プロの味 風読み切った漁夫の舵

稲邑庵春宵宗匠選
天位 くねる道 信念の鉾錆びさせず 直樹
標目 轍の跡を深くきざみて
追吟 くねる道 試練に耐ゆる男の歩

美工堂早人宗匠選
天位 蜜やかに 竜馬署名の六ヶ条 直樹
標目 平和日本を築く礎 
追吟 蜜やかに 逢瀬の糸を繰り合う

以上の三句が「天」に輝き、素敵な巻を頂きました。

さらに今回はその内の一句が二評通りで一等賞となっており、それも、感慨深いものでした。

一等賞の句は
天位 プロの味 技に妥協の文字は無し 直樹

野鶴宗匠より、お手紙を頂き、賞を贈ったこと、又、持ち回りのトロフィーがあって、それは連盟の事務局で預かっていることを教えて下さいました。

本当に嬉しく、なんと幸運な今日となりました。
[PR]
by naochans_organic | 2010-11-17 21:26 | 冠句
空のポケット*Pocket in the Sky   sib22さんのブログです。

くもの涙 Tears from clouds

一朶の雲にこころを映してみるといろんなことが
みえてくる。一人ひとりの想いが...涙となって
降り海に注ぎ悲しみを癒やしてくれる...
ふんわりと浮かんだ雲は温かい夢のようなものかも
知れませんね。

雲ひとつ ふんわりふわと秋の空
[PR]
by naochans_organic | 2010-11-08 22:57 | 今日の句