ブログトップ

オーガニックな感覚

organics.exblog.jp

素直な自分に自然な気持ちに スローな感覚 ほがらか笑顔

2006年 09月 21日 ( 2 )

 真っ白に照り輝く太陽(2006.09.18に撮影)

 台風が通り過ぎた朝、風はまだまた強く、雲は流れ、山を越す。天には雲の合間から太陽が顔を出す。いつもは白日と言うところだ。その場合、まぶしいが縁は少し黄色に輝く。太陽を見ると、まぶしく目が開けられない。それ自体は同じだがすべてが真っ白に照り輝く。

 なんじゃ一句: どこまでも白く輝く陽と光
 
d0051106_2236475.jpg


 
d0051106_22365160.jpg


 
 2006.09.21 秋晴れ、すがすがしい朝。

 昨日の送別会で車を置いてきたので歩いて仕事場に行くことにした。ぶらぶらと坂を下り、ため池を右手に折れる。中学生など列を成して歩いてくる。ちょっと、気恥ずかしさを感じる。

 左手少し奥の池。昨日のように水辺に立つのは白鷺一羽だけだった。しかし水鳥が20っ羽以上水面をすべる。波紋を残しながら、気持ちよさそうである。しばらく行くととても綺麗な花が少し路面に伸びている。車や歩行者で危ないので撮らずにいく。後ろから娘の車。送るよといってくれる。有難い。出来た子だ。

 仕事で神戸にいく。列車の中から外を見る。アレ~、松の木に白鷺が止まっている。色の対比がとても素敵だ。帰り、みどりの垣根に赤いバラが一輪咲いている。みどりと赤、これもいい対比であった。身近なところに息づくいのち、多くの出会いがほんのちょっとしたところにある。

 日中はやはり暑かったがいい一日であった。
[PR]
by naochans_organic | 2006-09-21 22:47 | 自然(太陽・山河)
 2006.09.20 外に出るととても清々しい空と空気に出会う。秋晴れだ。

 車で通る左手向こうに池が見える。水辺に白鷺や黒鷺、水鳥が数羽、池を見つめる形で羽を大きく広げたりたたずんだりしている。いつもは水鳥が水面で遊んでいる風景なのだが、すてきな光景だった。

 一日中、秋晴れだった。すこし、暑いがさわやかに感じる一日であった。

 今日は定年退職されるKさんの送別会、久しぶりに姫路の町に行った。送別会は9人、こじんまりとしたものではあったが、中華料理を食べながら、楽しく過ごせた。定年退職とはやはり感慨深いもので、短いお話の中にも入社当時のことから、今までもこと、思いが強く感じられた。人生の多くを過ごす仕事場、いろんなことはあるが、多くの思い出を刻む。そのときになるとどのように思うのだろう。今は少しイメージがある程度だ。

 最後に、陶芸を趣味にされている先輩が素敵な花瓶を記念に贈られたのが印象的だった。また、会を計画してくれた素敵な彼女からのプレゼントもあり、とてもよい送別会であった。

 これからも、Kさんとは俳句などでお会いすることになる。

 少し酔って体が火照っているが歩き、電車に乗り、帰路に着く。車は乗るわけに行かず、娘に電話して来てもらう。優しい娘だ。

 そんなことで一日が終わった。

 

 
[PR]
by naochans_organic | 2006-09-21 06:48