ブログトップ

オーガニックな感覚

organics.exblog.jp

素直な自分に自然な気持ちに スローな感覚 ほがらか笑顔

姫路菓子博二〇〇八   日本丸春の海原帆を揚げて

姫路菓子博二〇〇八 (2008.05.04に撮影)

動物園ゲートから菓子博の会場に入る

   動物園もそうであったが砂埃が立ちこめていた

      やはり会場は入場を待つ客の列が続き

         30分から180分と言った待ち時間のようであった

             近くの兵庫のお菓子館は30分待ちであったので

                 そこに並んだ

会場内はどこも撮影禁止であったので外の写真を入れて紹介します

「兵庫のお菓子の館」は工芸菓子のエッフェル塔や日本丸、チョコの地球儀など素晴らしい作品が並んでいて、かなりの満足度を得た。

次に歩いて行くと全国工芸菓子館「和の匠館」に遭遇する。一方通行となっていて「和と洋のシンフォニー」が奥にあるが、それでも一時間以上、我慢して並ぶしか方法は無かった。

なんじゃ一句: 日本丸春の海原帆を揚げて

「兵庫のお菓子の館」を出て、長蛇の列の「夢のお菓子ランド」をパスして「全国工芸菓子館」へと向かう途中に「姫路城下町」としてまんじゅう、ドーナツ、かりどう、カステラなどの店舗があり賑わっていた。
d0051106_614750.jpg


次に「全国工芸菓子館」は50分待ちとなっていて、時間的にもこれでちょうどいいくらいになるのと「和と洋のシンホニー館」はもっと込んでるような気がして、「全国工芸菓子館」に入ることにした。
d0051106_6193226.jpg

d0051106_6194728.jpg


「全国工芸菓子館」には凄い力作が揃いこれが本当に菓子で出来ているのといったものに驚かされた。牡丹・松・鷹などをそれぞれに配した「山水花鳥風月」は諏訪らしかった。
そこをでるとそろそろ時間がなく、来た道を戻ることにした。まだまだ、多くの人が並んでいる「全国工芸菓子館」のある姫路美術館に目をやりながら戻ってゆく。
d0051106_628598.jpg


d0051106_6335533.jpg


野点庭園「菓心庵」を横目で見ながら人ごみの中を戻ってゆく。
d0051106_6342023.jpg


d0051106_6344218.jpg


あとはお土産を出口付近の建物で買った。ひとが多くて大変ではあったが、疲れの中にも満足はあった。
[PR]
by naochans_organic | 2008-05-07 06:42 | 日記