ブログトップ

オーガニックな感覚

organics.exblog.jp

素直な自分に自然な気持ちに スローな感覚 ほがらか笑顔

芙蓉は白いドレスの舞姫

 芙蓉の白い花(2006.09.17に撮影)

 白い芙蓉の花びら、中央に少しピンクに染まった雌しべがある。白い花びらはドレスのように軽やかに風に舞う。晴れたそのときダンスが始まる。白いドレスの似合うプリマドンナ、その初舞台だった。

 なんじゃ一句: 初陣の白い芙蓉は風に舞う

 
d0051106_2129195.jpg


 2006.09.18 夕べから風の音がヒュ-ンヒュ-ンと切れるように雨戸を打つ。

 朝も強い風が残るが雨は降っていない。風はすごい速度で不穏な黒いどんよりとした雲を押し、少し薄墨の雲、光に白く映る雲をホウキで掃くようにさあ~と流す。天がどんどん動き変化する。時折、青い天も映し出す。風は竹の葉を大きくうねらせ音を出す。サアーサアー揺れざわめく。竹が当たるカキーンコンと音色。不協和音だが何とも奥が深い。

 いろんな発見があった。竹林の中では竹の葉のざわめきを光と共に感じたり、大きなクモが巣を張っている。すごく丈夫で粘りがある。竹林の麓では古池にキャンという声でカエルが飛び込む。そこに生え始めた真っ赤な彼岸花。その赤になんと黒アゲハが止まっているではないか!そ~と近づく。ようやく射程圏内、撮ろうとした瞬間ひらひらと舞っていった。優雅な舞であった。赤い彼岸花に黒アゲハ、何とも悔やまれる一瞬だった。

 大分、また来ることを祈り待った。でも、中々来ない。来るのはやぶ蚊ばかりである。少し、落胆しているとアゲハチョウが赤い花の蜜を吸う。夢中になって吸っているので近づいてもわからないようである。綺麗な蝶の姿が撮れたようだ。

 また、あれほど映せなかった赤とんぼいろんな様子で停まっている。まだ、見ていないがきっと映ってくれていると思う。

 そのほかにも、花、蝶、蜂、水色のアゲハ蝶、色々な場面に遭遇した。

 追々見ていただくことにします。

 その後、だんだんと晴れ間が広がり、暑さがぶり返してきた。

 夕方、「あかねの湯」という銭湯に行く。充分ゆったりと湯に浸かり、満足して車に乗る。途中、買い物をして家路につく。

 変化の激しい一日であった。



 
[PR]
by naochans_organic | 2006-09-18 21:55 | 自然(草花)