ブログトップ

オーガニックな感覚

organics.exblog.jp

素直な自分に自然な気持ちに スローな感覚 ほがらか笑顔

冠句神戸港にて天を頂く   浮き沈み 天涯孤独などはない

冠句神戸港 No.348で「天」を頂く


早速、紹介させて頂きます。

帆影抄「浮き沈み」  深水虚堂選

天の句 浮き沈み 天涯孤独などはない 直樹

天位
 ある仏典に「明中に当って暗あり 暗相を以って遇うこと勿れ 暗中に当って明あり 明相を以って
観ること勿れ 明暗各々相対して比するに前後の歩みの如し 自ら規短を立すること勿れ
觸目道を会せずば足を運ぶも焉んぞ路を知らん 歩みを進むれば近遠に非ず迷うて山河の固を隔つ
謹んで参玄の人に白す光陰虚しく渡ること莫れ」と論ず

双樹抄「囲まれて」  井上真一選

天の句 囲まれて 涙の理由は百とうり 直樹

天位
多くの人に囲まれて今日までの山あり谷ありの長い人生への想いがどっと湧き上がり感激の涙が
止まらない様子が浮かびます。
[PR]
by naochans_organic | 2013-02-10 23:48 | 冠句