ブログトップ

オーガニックな感覚

organics.exblog.jp

素直な自分に自然な気持ちに スローな感覚 ほがらか笑顔

まさか国風冠句秋季号にて「天」  色模様 神の絵筆に染まる秋

平成21年度 国風冠句 秋季号 誌上吟輯にて「天」を頂く

帰宅すると郵便受けに太い封筒が入っていた。すごく太いのでまさか...の期待で胸が広がる。

家に入り、開けてみた。すると...そこに「天」の巻がふたつ入っていた。まさか...が現実になった瞬間である。まだ、その余韻が続いているが早速、紹介させて頂くことにしました。

「平成21年度 国風冠句 秋季号 誌上吟輯」には「国の部」「風の部」があり、その「風の部」での成績でした。詳細は機関誌が来てからでないと分かりませんが、「天」の巻に書かれていた内容を紹介します。

国風冠句連盟 機関誌 編集部 企画
「風の部」
投句者 百三十一雅
総句数 千二百八十章

その中から巻上三十二章が「巻」に記載されていました。

選者は八人で、その内、二人の選者が私の句を「天」に選んでくれていました。(一等賞)

国風冠句連盟は国風冠句の最高峰です。文芸塔が正風冠句の最高峰であるのと同じです。私にとっては何れも雲の上の存在です。

それでは「天」の句を紹介いたします。


松山花兄選

色模様 神の絵筆に染まる秋

追吟
色模様 花嫁佳日を美しく
判者


西村吟雪選

色模様 神の絵筆に染まる秋

追章
色模様 野は豊穣の秋の唄
判者


とても、嬉しい日となりました。少し?かなり、作句に悩んでいましたが、これで、悩みながらも頑張っていこうと思った次第です。

皆さま、有難うございます。
[PR]
by naochans_organic | 2009-10-02 21:50 | 冠句